ぼちぼちとイベントもこなしてますが

現状だけでモノを言うなら、正直黒は色々な面でツライ状態にありますな。


まぁ、これを乗り切ったら変わってくるかも知れないんで、現状だけで判断するのは
あまりお利口さんではないってのも判っとりますが。

それはともかく、ようやくビームジッテをゲット。
既に本スレwikiにスペックは出されておりますが、従来の十手と比べ

・射程が 0~60→0~70
・攻撃補正が 130→150
・準備時間が 25→35

に変化しております。(全て1本装備時の話。二刀流にすると攻撃・準備時間が変化)
ちなみに、cool・cute・comicalの数値は十手と全く一緒でした。

射程の上限と攻撃補正は単純に強化されたと言えますが、準備時間がネックに。
二刀流したら、バルムン・チゲどころかパイルやレバガンにも素で負けるワケでして。
まぁ、竹刀カウンターが確定しないってのはありますが、それにどんだけありがたみが
あるかと言われると・・・

そもそも、短剣って武器自体が「二刀流してナンボ」ってな性質のシロモノです。
二刀流で準備50の十手も、準備時間の問題に目をつぶれるだけの高い命中補正が
あるから実戦で使われてるってお話でして。
ダメージ単価を捨て手数で攻めるタイプの武器なんで、後手に回ってしまうとどうにも
ジリ貧になってしまうケースガガガ。

ただ、準備に時間がかかる=踏み込む必要がある って話なんでPAデモクロ辺りとは
相性いいかもですが・・・そんなデッキを運用できる子だと、剛田的に通常攻撃は別の
付加価値を求めた方がお利口さんかなぁと。


十手と命中精度は一緒なんで、使い分けって形になるとは思うんですが・・・こちらが
都合いいケースは現状では少ないかなぁと思うんで、やっぱり十手の方が運用される
機会は多いかなぁってのが、現時点での剛田の評価です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック